「MBAキャリアデザイン」は企業の第一線で働く本学ビジネススクール修了生(MBAホルダー)から、働くことや人生、キャリアについて改めて考えることを目的に開講されている、名古屋キャンパス都心型コース独自のプログラムです。

今回は、株式会社ぷちてんぐより、代表取締役社長 小柳彩子さんを講師としてお招きしました。

長期間存続している職業とはどのようなものなのか、また事業承継において大切なことは何かアクティブラーニングを通して考えました。

配置薬(置き薬)販売業、今後も存続できる?

講師の小柳さんが家業の配置薬販売業を継いだ時、会計管理や給与体系、顧客情報管理などについての明確な基準・規則がなく、整備すべき点が数多く存在しました。
さらに家業を法人化した後も、経営理念や行動方針が社員間で共有されず、会社組織としてのまとまりがない時期が続きました。

薬品販売業界としても、法律改正により、一般用医薬品がインターネット販売されるなど、大きな環境の変化が生じています。

会社を発展・存続させていくために事業承継で大切なことは何か、また配置薬販売業は今後発展していけるのか、学生たちは議論しました。
「インターネット販売の普及や、24時間営業のドラッグストアの存在、医療技術の進歩などにより、配置薬販売業が発展していくことは難しいのではないでしょうか。」
「しかし、今後高齢化が進んでいくことを考えると発展の可能性はあります。地域密着型の対応や顧客との信頼関係を活かして、健康セミナーなどを開催するといいと思います。」
「インターネットやSNSを活用し、配置薬がメインで扱う和漢薬の有効性を若い人たちにも広めていけば良いのではないでしょうか。」

学生たちは、人々のニーズを正確に把握して時代の変化に柔軟に対応し、機械では代替できないという視点から、様々な案を考えました。
また事業承継のポイントを考えることで、会社が大切にする核のようなものを考えるきっかけになりました。


関連タグ:アクティブラーニング アクティブラーニング事例紹介 

商学部会計ファイナンス学科
都心型コース1年 小池 崇文さん

名古屋商科大学では国際的な視野をもったグローバル人材を育成するために、夏期休暇中と春期休暇中の年2回海外インターンシップ(通称CAPI)を実施しています。これまでに通算471名の学生(2012年度-2017年度夏)がインド・インドネシア・タイなどASEAN諸国の日系企業で海外インターンシップを体験し、都心型コースの学生も13名(2016年度-2017年度夏)が参加しています。
今回は2017年度春期休暇中に CAPIに挑戦する都心型コースの学生をご紹介いたします。

CAPIに参加しようと思ったきっかけを教えてください

まずはどんな職業があるのか、どんな職業が自分に向いているのかを知りたくてインターンシップに行ってみたいと思っていました。そして将来外資系の企業で働くことも考えており、海外で働く経験ができる機会が大学にあることを知ったので、志望しました。
外資系の企業を考えるようになったきっかけはTerm1で講義を担当していただいた実務家教員伊藤武彦先生が、外資系企業で就業されていた時の話を聞いたからです。いろいろと聞いた話の中でも外資系ならではの「実力主義」という働き方に魅力を感じています。

CAPIに向けて現在努力していることはありますか?


今年の夏期休暇に参加した国際ボランティアがきっかけなのですが、英語の重要性を感じ、英会話教室に通っています。国際ボランティア中は英語がわからないために他の参加者と上手く意思疎通ができず、悔しい思いをしました。それから英語で話す機会を持ちたいと思い、多い時は週5回参加してグループで英語で話す練習をしています。今回は英語を話す事にも慣れてきましたし、言い回しも覚えてきたので、英語で自分の意思をしっかり伝えたいです。
また、ガイダンスでの適性診断で「地道に努力できるがやりたい事が多すぎてパンクする事がある」という診断を受け、やる事に優先順位をつけて行うように心掛けています。

CAPIではどのような経験をしたいですか?

いろいろな職種を体験したいと思い、製造業と営業のインターンシップができる企業を志望しました。特に営業の仕事に関心があるので「どうやって交渉してるか」という事と、「日本人以外の人にはどのようにアプローチしているのか」という2つを中心に経験したいです。また、就業先は製品のパッケージの印刷をしている企業なので、大学で学んでいるマーケティング等の講義につながるような、パッケージデザインから世の中のニーズを掴むという事も学んできたいです。


関連タグ:名古屋キャンパス 都心型コース CAPI 海外インターンシップ 

MBAキャリアデザイン

都心型コース独自プログラム「MBAキャリアデザイン」を開講。企業の第一線で働く本学ビジネススクール修了生(MBAホルダー)が講師となり、働くことや人生、キャリアについて具体的に考えることができます。


小林伸行先生の企業分析の講義では財務諸表を読み解き、「数字」から会社のデータを読み解き、その企業がどんな企業なのかアクティブラーニングで分析します。財務諸表とは「その企業の資金がいくらあったのか」や、「利益はいくら出たのか」というように「数字」で企業の経営成績がわかるものです。主に「貸借対照表」、「損益計算書」、「キャッシュフロー計算書」の三つの決算書があり、それらをみればその企業の業績がわかります。
学生たちは企業の商品や活動内容ではなく、「数字」からどのような企業なのか分析していきます。

数字から見えてきたもの

今回の講義で使用したのは実際のソフトバンクグループ株式会社の財務諸表。どんなことをやっている企業か知っている学生も多いソフトバンクグループをグループ毎に「数字」から分析していきます。

学生A「当期純利益は昨年より上がっているけど継続事業の税引前利益(経常利益)が下がってるのはなぜだろう?」
学生B「何かこの時に特別な事業をして、そっちで稼いだのかな?」
学生C「ソフトバンクグループは本業以外の方が頑張っているのかな?」

ソフトバンクといえば携帯電話通信事業者としては世界6位の売上高を誇る巨大企業で、誰もが知っている有名な企業と言えます。携帯電話のCMが印象に残っている人も多いのではないでしょうか。今回の講義では、財務諸表から読み解いたデータをもとに、「本業以外にどんな事業をやっているのだろうか」と興味関心を持つようになった学生が多くいました。このように、違う角度からアプローチをすることで見えない部分が見えるようになったり、多角的に考える必要性を理解することができます。企業を表面から見るだけでなく、アクティブラーニングで違う側面から分析することで新たな発見ができた講義でした。


関連タグ:アクティブラーニング アクティブラーニング事例紹介 

就職に強い名古屋商科大学の中でも人気No.1の就職支援イベントである「就職研修会」を長野県南木曽リゾート「ホテル木曽路」で開催しました。この研修会は、就職活動を控えた3年生を対象に『意識改革』を目的とした1泊2日の合宿型研修であり、今年は4週にわたり実施し、合計172名の学生が参加します。
今回は、第3陣として、44名の学生が合宿に参加しました。



当研修会は、実際の企業採用担当者、本学の教員組織である進路支援委員を相手に本番さながらの集団面接、個人面接、グループディスカッションの実践を通して、現在の実力を認識し、改善点に気付くことができ、来るべき就職活動に備える目的で開催するプログラムです。何回も面接を繰り返し、個別にアドバイスをもらう中で、参加者は徐々に自信へとつながっていきます。
また、この研修会には、納得内定を獲得した4年次学生の有志が企画、運営をはじめ履歴書添削や面接練習など細かな部分まで指導を行なっています。



参加学生からの声(抜粋)


  • 自己分析の重要性を就職研修会を通して学ぶことができました。この経験が本番で生かせるように努力して行きます。
  • 就職活動を終えた4年生や実際に企業の採用担当者様から直接指導していただけるので、普段よりも緊張感を感じることができました。
  • 今までは、感じていなかった不安感や緊張感を研修会を通して知ることができました。

就職率99.1%!! なぜ、名古屋商科大学は就職に強いのか?

名古屋商科大学の就職支援は、学生一人ひとりが明確な将来の目標を見つけ、そこへ到達するために必要なコミュニケーションや適切な知識、豊かで国際的な経験と自分を知る機会を提供し、共に歩むことだと考えます。

学生の売り手市場と呼ばれる昨今の就職環境において、本学のキャリアサポートセンターが学生に求めるのは、単なる内定ではなく、「納得内定」です。希望する業界、職種への就職が叶えられるよう、教員、職員はもちろんあらゆる支援企業が一体となり、入学初年度から学生一人ひとりをとことんまで教育、サポートいたします。

詳しくは、「就職に強い大学、名古屋商科大学」をご覧ください。


関連タグ:履歴書添削 面接対策 就活 就職活動の準備 名古屋商科大学