学部学科

Academic Programs

経済学部 総合政策学科

BSc in Economics

  1. TOP
  2. 学部学科
  3. 経済学部
  4. 総合政策学科
  5. 卒業生の声
  6. かけがえのない学友と過ごした時間が、今に繋がる

かけがえのない学友と過ごした時間が、今に繋がる

卒業生の声 総合政策学科 #公務員コース

卒業生の声

2019年度経済学部卒業の矢澤さん|小牧市公園緑地協会事務局勤務

公共サービスの担い手は、国や地方公共団体に限定されるものではありません。近年は、行政から業務委託を受けた公益団体が政策実施の現場で市民に公共サービスを提供する場合も多く存在します。愛知県小牧市の「小牧市公園緑地事務局」もそうした公益団体の一つです。2020年3月に本学を卒業した経済学部総合政策学科の矢澤さんは、その難関試験を突破し、小牧市公園緑地事務局に就職しました。そんな矢澤さんに在学時を振り返っていただきながらも、現在のお仕事のやりがいについてお話しいただきました。


公務員試験対策講座を経て北村セミナーへ


父が市役所勤務をしていて公務員を身近に感じていました。進路を市役所職員に定めたため、経済学部に入学することを目指し、中でも成績評価が厳しいと定評のある名古屋商科大学を選びました。1年間公務員試験対策講座で勉強し、2年次からは北村セミナーで勉強を開始しました。北村セミナーでは2年生から公務員試験の要となる数的処理の勉強を開始します。寝る間を惜しんでも考えてもわからない問題もありました。挫けそうになった時に支えてくれたのがセミナーの同期の友人でした。彼は優秀で、公務員試験の問題も私より遥かに正確に、速く解けます。そんな彼でもうまく行かない時は私に愚痴をこぼすことがありました。北村先生の研究室で先生が見守る中、二人でずっと勉強を続けていきました。自分1人ではあの日々を乗り越えられなかったと思います。その日々を共有した友人とは卒業してからも良い関係を築けていますし、セミナーの後輩たちにも頑張ってもらいたいと思っています。

現在の職場について

4年生の1月末に現在の職場である小牧市公園緑地協会事務局に内定をいただきました。小牧市には樹木がたくさん植わっていることも、実に多くの人達によってその手入れが行われていたことも働いてから知りました。私が当初市役所職員を目指す過程において、地域の人達の生活が豊かになるようにということを考えるようになりましたが、現在でもそれは変わりません。小牧市の公園や公共施設の樹木を適切に手入れすることで、小牧市民や小牧市を訪れる人達に喜んでいただきたいと思います。

公務員コースについてはこちら