教員の写真

Profile

Dr. Yuji Ono earned his master's degree and doctorate from Keio University. He is a dean, faculty of commerce at the NUCB. In addition to conducting research in the areas of marketing strategy, consumer behavior, and service marketing, he has participated in a university/business collaboratiive research project involving retail businesses and professional sports clubs.

慶応義塾大学卒業。慶応義塾大学大学院修士課程にて修士号取得。コペンハーゲン・ビジネススクール(デンマーク)(慶應義塾大学大学院 インターナショナル・パートナーシップ・プログラム)。慶応義塾大学大学院博士課程を満了。中小企業大学校 中小企業診断士養成課程インストラクター・プログラム修了。ハーバード大学経営大学院(ハーバード・ビジネス・スクール)エグゼクティブ・プログラム(GCPCL)修了。商学部長。現在はマーケティング戦略、消費者行動、サービス・マーケティングに関する研究を行う傍ら、アパレルメーカー、スポーツ小売企業、プロスポーツチームとの産学連携研究プロジェクトに参画し、経営戦略の立案・実行支援を行う。その他、NPO法人の顧問も務める(http://www.xicafe.jp)。

Specialized Field

Consumer Behavior Marketing Strategy Japanese Distribution System

Academic Background

M.A. (Keio University)

Research Papers

  • "Profit-improving Linear Tariffs Pricing in a Vertical Oligopoly", Theoretical Economics Letters, Vol.8 No.11, 201808
  • 「マーケティング研究における資源ベース論の展開」『マーケティング理論の焦点:企業・消費者・交換』KMS研究会監修, 堀越比呂志・松尾洋治編著, 中央経済社, 201701.
  • “The Equivalence of Bertrand Equilibrium in a Differentiated Duopoly and Cournot Equilibrium in a Differentiated Oligopoly,” Theoretical and Practical Research in Economic Fields, Volume VII No.2(14), 201701.
  • 「消費者とのリレーションシップ研究の諸問題」『戦略的マーケティングの構図:マーケティング研究における現代的諸問題』KMS研究会監修,堀越比呂志編著, 同文舘出版, 201410.
  • “Encouragement of Branding,” The Mid-Japan Economist, 20130704.
  • “LEXUS Japan 2006, ” NUCB Case, 2006.
  • “REALFLEET 2006, ” NUCB Case, 2006.
  • “Apple Japan 2005, ” NUCB Case, 2005.