教員 & 研究

Faculty & Research

情報化教育

Technology-Assisted Learning

  1. TOP
  2. 教員 & 研究
  3. 情報化教育
  4. パソコン無償譲渡制度

パソコン無償譲渡制度


全学生へのパソコン無償譲渡

本学は2020年度新入生に対する無償譲渡機種としてアップル社製MacBook Air 13"を採用しました。MacBook Airは1枚のアルミ板から削り出された継ぎ目のない滑らかで斬新なデザインが採用された機種です。13.3インチの大画面を搭載しながら、わずか1.29kgという軽さ、そして指先ほどの薄さ。バッグに入れて持ち歩き、いつでも、どこでも気軽に取り出して使えます。本学では大学にノートパソコンを持参するケースが多いことから、薄くて軽い機種「MacBook Air」の導入は本学の環境にかなった最適な学修ツールとなっています。

MacBook Air スペック(2020年度)

13.3インチ(対角)クリアワイドスクリーンLEDバックライトディスプレイ / 1.8GHzデュアルコアIntel Core i5 / 8GBメモリ /128GBフラッシュストレージ / 802.11acWi-Fi を内蔵/ FaceTime HDカメラ / USB3ポート(最大5Gbps) ×2、Thunderbolt2ポート(最大20Gbps) ×1、SDXCカードスロット

スマートフォンやタブレットでは無く、何故、パソコンなのか



スマートフォンやタブレットは携帯性に優れているという特性から、パソコン以上に気軽に待ち運びができ、その場で情報を検索したり、発信するには優れたツールと言えます。ただし、社会で求められるのは、情報の編集や加工、プレゼンテーション、情報の分析といった能力であり、こうした操作を行うにはスマートフォンやタブレットよりもパソコンの方が優れています。本学では社会で求められているこうした情報活用能力を育成するために、パソコンの無償譲渡を行っています。

パソコン初心者も安心の導入時教育



全員必修科目「情報リテラシー」でPC操作も思いのまま


初年時には必修科目である「情報リテラシー1,2」の講義の中で、論文の作成方法、インターネットの活用方法、表計算ソフトの活用方法、プレゼンテーションの手法などについて学習し、基礎的な情報活用能力を身につけます。


情報活用能力育成のための講習会


情報活用能力を育成するための各種講習会が開催されており、ここに参加をすることで新しい活用方法を体験したり、ソフトの使い方を修得したりすることができます。初年時には基礎的な情報活用能力を身につけるために、「日本語ワープロ」と「プレゼンテーション作成」の各検定試験に合格するための講習会が開催されています。

過去に実施した講習会の例:

  • ビジネス流「ことば」講座(今日から使えるライティングスキル)
  • 赤字を出さない模擬店経営管理シミュレーション」Excel活用講座
  • 「なぜ宝くじは当たらないのか」Excel分析講座
  • ビジネスデータ分析講座(データの山から宝探し)
  • 「Office最強のコンビプレー」Word × Excel連携講座
  • 学生生活でも使えるビジネスツールの活用(Google Apps 活用)
  • 「LINEのビジネス活用からはじめるクラウドサービス」講座
  • 「色彩を制するものはプレゼンを制す」パワーポイント表現講座
  • 「表現力革命」インフォグラフィックス講座
  • 「思い出を動画にまとめよう」動画作成講座

アクティブラーニングセンター事務室による万全のサポート体制


ワークショップ

アクティブラーニングセンター事務室ではパソコンに関しての相談を受け付けています。パソコンが壊れた、パソコンの調子が悪い、使い方が良くわからない、などの相談にはに専門スタッフが対応します。また、フリータイムワークショップにはスチューデントアシスタントの学生が常に常駐していますので、ここで相談をすることもできます。