学部学科

Academic Programs

経営学部

BSc in Management

  1. TOP
  2. 学部学科
  3. 経営学部
  4. データサイエンスコース

データサイエンスコース

IT業界への就職やシステムエンジニアなどを目指す学生、データサイエンスを活用した企業の課題解決スキルを身につけるためのコースとして、データサイエンスコースを再編して新たなプログラムとして誕生します。充実したIT環境と実務家教員による指導によってIT分野の専門スキルと経営学を並行して学び、企業経営やビジネスにITを活かす能力を備えたデータサイエンティストを育成します。

データサイエンスとは


データサイエンスとは、多くの学問領域において科学的手法、プロセス、アルゴリズム、システムを使い、様々なデータから知見や洞察を引き出そうとする研究分野です。企業経営におけるデータサイエンスは、企業が持つ消費者データなどの大量のデータをシステムで分析して価値を算出することを目指します。インターネットが普及し世の中の様々な情報がデータ化されたことにより、今や多くの企業がデータサイエンスの重要性に気づき、活用し始めています。データサイエンスの構成要素としては以下の3つがあります。


  1. 分析的考察

    分析的考察は、消費者の行動データを利用した実験を通じてパターンや法則などを検出することになります。極論を言うと、集計・グラフ化といったデータの可視化を行うことが重要です。

  2. 価値創造

    分析だけでは単なる自己満足にすぎません。そこから課題解決の仮説を立て、如何に価値を創造できるかが最も重要です。ビジネスを理解し、可視化したデータを基に収益を高める方策を検討する能力を高めます。

  3. エンジニアリング

    データ分析は手間暇かかるので、その部分を半自動化させようと試みるのがエンジニアリング。AIやデータサイエンスに必要なプログラムは多数提供されており、その活用方法を修得します。



授業、セミナー、資格対策で基礎から学ぶ


データサイエンスコースでは、基礎数学、統計学、経営科学、プログラミング、AI関連科目に関する授業を体系的に履修できる環境。学生は授業の中で、基礎的なITの知識や企業経営の仕組みについて学ぶと共に、システムを経営に活用する能力を養っていきます。また、将来データサイエンティストとして活躍する機会を広げるITパスポート、情報技術者試験、G検定などの資格取得も目指します。2年次以降は専門知識を持つ教員のセミナーに所属して、卒業論文の執筆と共にデータサイエンスについて学ぶ仲間と、より専門的な知識を習得していきます。

セミナー紹介


韓教授の授業風景

韓教授の授業

韓尚憲教授のセミナーには主に経営学部経営情報学科の学生が所属しており、データサイエンスの分野において重要となるオペレーションズシステムの手法や簡単なプログラミングなどを学びます。2年生ではITパスポートの資格勉強をはじめ、希望者を集めてグループでコンピュータ言語の勉強をしています。韓教授のセミナーに所属する学生は、セミナーで学んだ知識を活かし、今までに「 プログラミングを用いた意思決定支援ツール開発」や「個人情報を含むネットセキュリティ問題に対する対策」というような研究テーマで卒業論文を執筆しています。


お知らせ

NEWS