教員 & 研究

Faculty & Research

文部科学省認定インテンシブ教育プログラム

Intensive Education Program

  1. TOP
  2. 教員 & 研究
  3. インテンシブ教育プログラム

中部地区で最も歴史ある商学部の新しい「実学教育」

事業名称「ケースメソッドを補完するフィールドメソッドを活用した学外連携型の教育システムとアントレプレナーの養成」

名古屋商科大学は、文部科学省「知識集約型社会を支える人材育成事業メニューⅢインテンシブ教育プログラム」に採択されました。 このプログラムで採択されたのは全国で3校、東海エリアでは唯一となります。この事業では「ケースメソッド」と「フィールドメソッド」を効果的に組み合わせた集中プログラムを編成。フィールドメソッドを本格的に導入することで、学外実習でビジネスを実体験することができます。ケースメソッドとフィールドメソッドの相乗効果で問題解決能力やコミュニケーション能力を備えた未来のリーダーを養成します。



ケースで討論し、フィールドで実践
現実課題を通じた実践的な学び


実学教育

授業科目を精選し集中的に学ぶインテンシブ教育により 質と密度の高い主体的な学修を実現します。


ケースメソッド

MBA教育の伝統的な学修方法であるケースメソッドの主役は学生自身。授業では「ケース(事例)」と呼ばれるリアルな教材をもとに、学生が主人公の立場になってビジネスの課題に挑みます。グループ討議やクラス討議を繰り返し行うことで、論理的思考力、意思決定力、対話力を養うことができます。

使用ケース例

  • Amazon
  • Apple
  • イケア・ジャパン
  • 日本マクドナルド
  • トヨタ自動車


フィールドメソッド


ビジネスの実務経験を有しない学生に実践の場を提供するプログラムです。教室の中だけにとらわれず「体験」と「発見」を通して課題を解決しながら学んで行きます。ケースメソッドによる追体験を補完し、基礎・実践・事業構想と段階的に学ぶことでより高い学習効果を得ることができます。通常は学外活動となるインターンシップやビジネスコンテストも授業に組み込み、教員がしっかりと指導します。



インターンシップ


さまざまな企業・団体で一定期間就業体験を積む制度です。商学部独自の派遣先企業・団体もあり、地元の優良企業や有名企業でのインターンシップが可能です。学内ではできない就業体験に挑戦することで、業界の仕事を理解することで将来設計に役立ち、学習意欲の向上に繋がります。


  • 中部電力ミライズ
  • OKAMURA
  • 三十三銀行
  • Alpen Group

ビジネスプランコンテスト

インターンシップにより派遣先企業で得た情報からビジネスの「タネ」を探り出し、リーダーの立場に立って事業構想を立案し発表するコンテストです。新商品・サービスの提案、ビジネスモデルの転換、社会課題の解決などに取り組み、顧客が真に求めるものを提案します。


活動記録

Report