学生寮/奨学金

Dormitories / Scholarship

学修支援と履修制度

Academic Support

  1. TOP
  2. 学生寮/奨学金
  3. 履修制度と学修支援
  4. 履修支援
  5. 履修支援窓口

履修支援窓口

学生支援部門教務担当窓口

履修支援として履修登録、成績および試験、教育職員免許状などに関して学生一人ひとりが満足できるよう、入学から卒業までバックアップしています。


事項 摘要
証明書の発行 (日進/長久手キャンパス)窓口前に設置の自動券売機で証紙を購入した後、教務担当窓口に申し込んでください。翌日の発行となりますが、成績証明書・英文については多少時間がかかります。(名古屋キャンパス)キャンパス掲示板より申し込みの上、事務局で手数料を支払ってください。支払い確認後、1週間後の発行となります。
卒業証明書の発行 卒業生の方は本学のホームページより申請が可能です。
履修登録 履修に関することで質問の相談を受け付けています。
休学 病気、その他やむをえない理由で、3ヵ月以上修学できないときは保証人連署の上、願い出で休学することができます。休学期間は1年を越えることはできません。
復学 休学期間を終えて復学する場合は、2月末日または8月末日までに復学願いの提出が必要となります。
退学 病気、その他やむをえない理由で退学を希望する場合は、事前にセミナー担当教員または教務担当チームリーダーと相談の上、退学願と譲渡されたパーソナルコンピュータ、学生証の返却が必要となります。
離籍 所定の期日までに、学納金が納入されない場合は、学則に基づいて離籍となります。
転学部・転学科 申請条件、手続きにより学修分野を変更することができます。教務担当に相談してください。
忌引欠席 親族で不幸が生じた場合は、両親の場合7日間、兄弟・姉妹・祖父母の場合3日間、伯(叔)父・伯(叔)母1日間の忌引欠席が可能です。教学担当窓口で忌引届けを受け取り、葬儀の日から10日以内に死亡証明書または火葬許可証等(コピー可)1通を添付し提出してください。
公認欠席 伝染病、教育実習、本学を代表して参加する課外活動および大学行事等のためにやむを得ず授業を欠席する場合(教務担当)と就職活動による欠席(進路担当)がありますが、いずれも所定の手続きが必要となります。また、交通事故・病気等の入院で連続3回(ターム制授業の場合は2日、以下かっこ書きはターム制の場合)以上授業に出れなかった場合、3回(2日)まで公認欠席となります。ただし、関係機関の証明書を教務担当に提出してください。また、各担当教員の指示により3回(2日)相当分の自学修が必要です。
再入学 学籍異動した者が再度入学を希望する場合は、面接試験に合格の後、学籍異動時の学部・学科に入学することができます。