教員 & 研究

Faculty & Research

ケースメソッド

Case Method

  1. TOP
  2. 教員 & 研究
  3. ケースメソッド
  4. ケーススタディとは

ケーススタディとは

ケーススタディ《Case Study》とは「ハーバード白熱教室」で日本でも一躍有名になった教育手法です。具体的には実際に起こった出来事(ケース)に登場する主人公になったつもりで考え、クラスで議論します。このケースに登場する主人公は何らかの意思決定に直面しており、もし自分が当事者であったなら与えられた状況でどう行動するかを考え、グループで議論し、クラスで話し合うことになります。したがって、ケーススタディで何の準備もしてこなければ、いきなり発言することは難しくなります。しかしきちんと事前にケースを読んで予習していれば、あとは発言するだけです。知識修得だけを目標として一方的に話を聞くわけではありません。受講者間の主体的な議論およびロールプレイ等、参加者を主体とした学修体験を追求し、世界観・視野を広げることを目標とします。

ケーススタディは以下の流れで進められます。

1.予習
2.グループセッション(Small Group)
3.コールドコール
4.クラスディスカッション(Large Group)

予習

ケーススタディでは授業開始前に教員から「ケースブック」と呼ばれる教材が配布されます。通常、ケース本文(教材)とアサインメント(課題)によって構成されており、ケースには必ず「主人公」が存在します。参加者はケースを読みながら教員が事前に設定したアサインメントに対する自分の考えを、ケース主人公の視点を通じて予習、準備することが求められます。

<アサインメント例>
・ A社の受注を受けるか?受けないか?(経営学)
・投資家A氏は敵かそれとも味方か?(ファイナンス)
・ A氏への事業承継に対してあなたは賛成か?(リーダーシップ)
・事業拡大のために買収をするか?それとも自社開発をするか?(経営戦略)

グループセッション(Small Group)

授業の最初20分間をグループセッションの時間として設けています。受講者同士が7〜8名のグループに分かれ、各自が予習してきたアサインメントに対する意見を交換し合いながら、クラスディスカッションに備えます。
重要なポイントはケースを共通情報として、参加者同士が自由に発言し「共に教えあう」場として運営する事であり「プレゼン準備時間」ではないという点です。

コールドコール

ケーススタディではコールドコールが利用されることがあります。これはクラスディスカッション開始と同時に、教員から当該ケースに関する質問が受講者1名に与えられる制度です。ハーバード・ビジネススクールをはじめ世界中のビジネススクールが採用する授業開始手法で、受講者にはケースに関する徹底した予習が求められます。指名された受講者には10分程度の発言が求められ、ここでしっかりと予習内容が発言できると授業への貢献度が高く、良い成績評価に繋がります。

クラスディスカッション(Large Group)

コールドコールが終了すると、教員主導によるクラスディスカッションが開始します。教員からの問いかけに対して受講者が発言を求めて一斉に挙手する光景がNHK「白熱教室」シリーズで見られますが、発言は「教員」に対してではなく、自分の考えを「クラス全体」に主張する貴重な機会として捉えられます。そして成績もその個人の発言内容に応じて評価されていきます。

最後になりますが、ケーススタディでは以下のルールが存在します。

1. 正解や不正解はない 
2. 発言はクラス全体に対して
3. 授業への貢献度が成績に反映

1+1=2とならないのがビジネスの常識。なので先人の事例(ケース)を教材とし、自分ならその状況でどう判断し行動するか、を追体験する事で経験値を高める事がケーススタディの醍醐味といえるでしょう。したがって、ケーススタディで学ぶ/教える者にとって重要なのは「1つの正解を求めない事」この1点に尽きると思います。