学部学科

Academic Programs

英語のみで学位取得が可能

Global BBA

  1. TOP
  2. 学部学科
  3. Global BBA
  4. 就職内定者の声
  5. 日本と外国の架け橋となることを目指す

日本と外国の架け橋となることを目指す

本学Global BBAプログラム4年生のインドネシア人学生ヨハネスさんは、この度トリニティ工業株式会社に内定をいただきました。この企業に就職すると決めた理由やNUCBでの学び、そしてキャリアサポートセンターのサポートについてお話を伺いました。


Global BBA4年生Yohannesさん

Global BBA4年生Yohannesさん

私は将来のためにビジネスについて学びたく、英語の授業で質の高い教育を行なうGlobal BBAプログラムのある本学に入学しました。そして、元々興味があり日本語を学んでいたことから、卒業後は日本での就職を目指すことに。インドネシア語、英語、日本語を話す私の語学力を活かして海外と日本をつなぐ仕事がしたいと考えていたところ、日本の大手自動車メーカーの関連会社であるトリニティ工業株式会社と出会いました。トリニティ工業株式会社は自動車産業向けの塗装技術や機械などを扱う企業であり、環境にも人にも優しいより良い製品を生み出すことを目指している企業です。また、私の母国であるインドネシアをはじめ様々な国に拠点を持ち、良い製品を世界へ提供しているため、私の望む仕事ができると思いました。面接試験では私の能力や入社後にどのように貢献したいかといった話を聞いてくださり、内定をいただくことができました。

大学での学びを業務でも活かしたい

Global BBAの授業では、ビジネスや経営に関する知識だけでなく、戦略的思考やコミュニケーション、リーダーシップなど、ビジネスに必要なスキルを身につけることができました。授業ではグループワークが頻繁に行われ、他の学生と意見交換をする機会が多くあります。その中で、私は自身の意見を共有するだけでなく、他の学生の意見を聞くことによって多様な角度から物事を考える力がつきました。これらの知識やスキルは、将来のキャリアに役立つと信じています。特に入社後は、ビジネスネゴシエーションの授業で学んだビジネス交渉のスキルや知識を、国内外の取引先との交渉に役立てたいと思います。

右も左もわからなかった日本での就職活動

今回日本の企業の選考を受ける上で、本学のキャリアサポートセンターの方々に大変お世話になりました。キャリアサポートセンターに相談するまでは、日本の就職活動がどのような手順で行われるのか、知識がありませんでした。しかし合同説明会への参加やエントリーシートの書き方、面接試験の際のマナー等を教えてくださり、手厚くサポートしていただいたおかげで私は自分の理想のキャリアを見つけることができました。