学部学科

Academic Programs

経営学部

BSc in Management

  1. TOP
  2. 学部学科
  3. 経営学部
  4. 教員紹介
  5. 笹沼克信

Katsunobu Sasanuma

経営学部 教授

笹沼克信

Biography

東京大学大学院を卒業後、東芝研究開発センターにおいて半導体開発に従事し、日本特許3本、米国特許2本を取得。その後、コンサルティング会社を経て渡米。ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学(MIT)で公共政策とオペレーションズ・リサーチを学び、カーネギーメロン大学(CMU)で公共政策と経営(オペレーションズ・マネジメント)の博士号を取得。ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校ビジネススクールアシスタントプロフェッサーを経て、現在、名古屋商科大学経営学部経営情報学科教授。また、東北大学経済学研究科政策デザイン研究センター客員准教授を務める。研究分野は、確率論、確率プロセス、行列理論、在庫理論、ビジネスアナリティクスなど。博士論文「Congestion-Based Control Policy for Service Systems」では、サービスシステムを分析するための新しいマルコフ連鎖分割法を提案し、William W. Cooper博士論文賞を受賞。研究内容及びサービス、交通、ヘルスケア業務への応用は様々な国際学会で発表されており、欧米の学術専門誌にも掲載されている。

Research Interests

オペレーションズリサーチ、オペレーションズマネージメント、ビジネスアナリティクス

Final Education

Ph.D., Carnegie Mellon University

Academic Papers

  • Katsunobu Sasanuma (2022) A marginal analysis framework to incorporate the externality effect of ordering perishables. Operations Research Perspectives 9 (100230) :2214-7160
  • Katsunobu Sasanuma (2022) An opaque selling scheme to reduce shortage and wastage in perishable inventory systems. Operations Research Perspectives 9 (100220) :2214-7160
  • Katsunobu Sasanuma (2022) Controlling arrival and service rates to reduce sensitivity of queueing systems with customer abandonment. Results in Control and Optimization 6 (100089) :2666-7207
  • Katsunobu Sasanuma (2021) Evaluating the Dynamic Impact of Theater Performances and Sports Events on Parking Demand in Downtown Pittsburgh. Smart Cities 4 (4) :2624-6511
  • Katsunobu Sasanuma (2021) Asymptotic Analysis for Systems with Deferred Abandonment. Mathematics 9 (18) :2227-7390
  • Katsunobu Sasanuma (2021) Approximate performance measures for a single station two-stage reneging queue. Operations Research Letters 49 (2) :0167-6377