大学案内

About

施設案内

Facilities

  1. TOP
  2. 大学案内
  3. 施設案内
  4. アクティブラーニングセンター

名古屋商科大学が推進する高度情報化教育のもうひとつのステージとなるのが、1988年度に建設されたアクティブラーニングセンターです。1階には2つの教室と学生が自由に利用できるワークショップ、事務室、2階には3つの教室、3階には研究室が配置されています。全教室の教卓には教室内の設備をタッチパネル上でコントロールすることができる制御システムが導入されており、教員が授業に集中することができる環境となっています。


クォーターサークル採用で活発な意見交換が可能


8102・8103教室は、欧米のビジネススクールで取り入られているクォーターサークルと呼ばれる教室スタイルを採用し、前面には140インチのスクリーンに高輝度のリアプロジェクターを導入。操作性だけではなく視覚的にもよりグレードの高い仕様となっています。また、高性能なビデオ会議システムが導入されており、東京・大阪・名古屋の各キャンパスを結んだ遠隔講義でも利用されています。


グループ討議に最適な丸テーブルを採用


8201・8202・8203教室はグループタイプとなっています。丸型のデスクを設置し、グループワークでチームが同じ課題に取り組み、その後プレゼンテーションやディスカッションでより深く学ぶことができます。テーブルの間隔は広く、教員が学生の席まで移動しやすい配置になっています。


教員専用の会議室を設置


Conference B教室は、教員がミーティングを行う際に使用しています。グループセッション型で意見交換をするのに適しています。


困ったことはインフォメーションオフィスで解決


1階にはインフォメーションオフィスが設置されています。ここでは、学内の情報基盤の管理運用や授業サポートだけでなく、学生からのコンピュータ利用に関する相談にも応じ学修をサポートしています。


エントランス


アクティブラーニングセンターに入ると巨大なピラミッドの下が広いエントランスになっています。ここは学園祭(三ヶ峯祭)の開会式など様々なイベントで利用されています。