学部学科

Academic Programs

経済学科 経済学科

BSc in Economics

  1. TOP
  2. 学部学科
  3. 経済学部
  4. 経済学科
  5. カリキュラム
  6. 経済倫理

経済倫理

講義概要

世の中には多様な主義主張が存在する。リベラリズム、平等主義、新保守主義、共産主義、
コミュニタリアニズムなど。はたしてあなたは何主義でしょうか?
イデオロギーは経済の問題と密接に結びついています。
たとえば、以下のような問いに対して、あなたの立場はどうでしょうか?

A. 企業は短期的には損失を被るとしても、あるいは社員に不利益を強いるとしても、
  長期的な視野に立って道徳的に行動すべきか?
B. 政府は「公正・平等」と「秩序の安定・成長」のいずれを優先すべきか?
 (民主党は前者、小泉政権下の自民党は後者)
C. 企業は基本的に金儲け第一主義で行動してよいだろうか?
  それとも、社会全体の中に、倫理の一翼を担う存在としてあるべきであろうか?
D. そもそも会社は誰のものか?

このような問いを考えるために、経済の色々な主義主張(イデオロギー)のそれぞれの立場を学び,
さらに経済の倫理を学びます。自分の倫理観にのっとって、社会で起きている経済問題や
ニュースを自分で判断できるようになる事が目的です。
また、就職活動では、グループディスカッションなどで意見を述べる事が求められますが、
自己の主張を正確に伝えることが出来るようになることも目標です。

【位置付け】
 名古屋商科大学の教育理念でもある「フロンティア・スピリット」を
備えたビジネスリーダーとなるには、経済思想に左右される政策とその意義を理解し、
深い教養を身につけることが必要です。そのようなことを念頭において、
履修してくださいまた、学んだ知識は,皆さんが新聞やニュースを理解するのを助け,
世の中で起きている様々な事柄(時事問題)がより身近に感じられるようになるはずです。
ゆえに,就職試験はもとより資格試験などにも役立つでしょう。

以下の力を養います。
基盤力(学ぶ力):行動の基盤となる様々な知識を積極的に学習する力
実践的思考力(考える力):学習内容を問題の発見や解決に応用して考える力

対応する学修目標 LG-I、LG-III、L G-IV

学修目標の分類

  • LG-1 Critical thinking for frontier spirit(批判的思考)
  • LG-2 Diversity awareness(多様性の意識)
  • LG-3 Business ethics and sustainability(企業倫理と持続可能性)
  • LG-4 Analytical decision making skills(分析的意思決定)
  • LG-5 Effective communication skills(効果的なコミュニケーション)
  • LG-6 New-asian business perspective(ニューアジアでのビジネス展開力)