キャンパス

Campus

名古屋キャンパス

Nagoya Campus

  1. TOP
  2. キャンパス
  3. 名古屋キャンパス
  4. お知らせ
  5. オンライン授業が開始しました

オンライン授業が開始しました

名古屋キャンパスでは4月7日(火)より新学期がスタートし、Term1の授業が始まりました。新型コロナウイルスの影響で、Term1の全授業がオンラインでの遠隔授業となりました。初日は2つの授業と3つセミナーが開催され、名古屋キャンパスの学生243名が参加しました。


アクティブラーニングの遠隔授業


名古屋キャンパスでは4年間全ての授業でアクティブラーニングが実施されています。アクティブラーニングは学生が挙手・発言を行い、自身の考えを先生やその他の参加者へ伝えることで授業が進んでいくディスカッション型の授業です。「オンライン授業」、「遠隔授業」というと、先生が学生に向けて知識を伝える動画配信のようなイメージを持たれる方もいらっしゃると思います。しかし本学の遠隔授業はライブ形式で行われ、先生・学生間でコミュニケーションを取り合いながら授業が進みます。

授業を担当する先生は教室ではなく、動画配信専用のスタジオで授業を行います。そして学生たちは自宅や寮で授業を受講します。個人のパソコンの画面には参加者全員の顔が映し出され、その画面を見ながら参加者全員でディスカッションなどを行います。

授業開始当初は機器の操作などについて苦心している学生が多いようでした。しかし、時間が経つにつれて慣れていった様子で、対面の授業さながらに挙手や発言をしている姿が見受けられました。

遠隔授業を受けた学生の感想は…

  • 初めての遠隔授業で不安だったが、授業も滞りなく進み、対面の授業のように発言ができたからよかった。
  • いつもの授業では大きな教室で議論しているので全員の顔が見えないが、今回の遠隔授業では一人一人の表情を確認しながら話し合いができ、とても新鮮だった。
  • 外出自粛という環境の中でも、いつものように授業ができることが幸せなことと感じた。

授業に参加した学生の声に耳を傾けると、遠隔授業について前向きに捉えている学生が多く、彼らの環境の変化に対する適応力の高さを感じることができました。
社会に出ると様々な変化に対応しなければならない場面が格段に増えます。遠隔授業の導入を通して、変化に前向きな学生たちの姿をみることができ、彼らの将来が頼もしく思えました。