キャンパス

Campus

日進/長久手キャンパス

Nisshin Campus

  1. TOP
  2. キャンパス
  3. 日進/長久手キャンパス
  4. お知らせ
  5. 知立高等学校様が日進/長久手キャンパスに来学されました

知立高等学校様が日進/長久手キャンパスに来学されました

愛知県立知立高等学校2年生に、日進/長久手キャンパスへお越しいただきました。今回の大学見学会では、キャンパスツアー、人気教員によるアクティブラーニングの体験授業、在学生による体験談発表、学食体験を行いました。在学生の体験談発表後には、「留学に対して苦手意識を抱いていたが、意外と身近に感じることができた」との感想を生徒から聞くこともできました。

人気教員によるアクティブラーニングの体験授業


商学部 教授 瀧野 一洋先生によるアクティブラーニングの体験授業は、キャセイパシフィック航空をケースにした授業でした。主人公の三宅さんが飛行機を利用して旅行へ行く予定ですが、中部国際空港はとても広く、チェックインするまで平均で46分かかると言われています。
そこで「みなさんが三宅さんなら、何分前に空港に到着しますか?」といった問題が出されました。


チェックインまでに要する時間の平均値を求めて全員で考えます。また、平均値を使うことによるメリットとデメリットについて、グループで意見交換を行い、最後には発表も行いました。高校生のみなさんが初めてアクティブラーニングを体験される際には、緊張してなかなか意見が出てこないことが多いのですが、知立高校の生徒は先生から質問が出るとすぐに手が挙がるほど積極的でした。ここで、アンケートの一部をご紹介します。



  • 瀧野先生は、生徒が発言しやすい雰囲気を作ってくださいました。
  • アクティブラーニングがとても楽しかったです。
  • 自分の意見を相手に伝えることで、頭に内容が入りやすい。

名古屋商科大学は留学プログラムが豊富!


国際学部英語学科4年の川瀬さんは、名古屋商科大学は留学制度が整っており色々な国に行けるということを知り、進学を決めたそうです。今回は、北京外国語大学へ留学した際のお話を聞かせていただきました。留学先の北京外国語大学は、中国で1番有名な語学大学です。そんな大学へ留学され、中国語と英語を鍛錬されました。クラスメイトはスペイン、ドイツ、ブルガリアなど多国籍なメンバーで、会話は英語で話し、休日にはクラスメイトや先生と一緒に北京旅行を楽しんだそうです。
この留学で川瀬さんが学んだことは「自分から物事を進めないと何も変わらない」ということだと話してくださいました。この言葉は人生を歩む上でも通ずることだと思います。
川瀬さんは留学する前は、ニーハオやシェイシェイの2単語しか中国語が話せなかったそうです。しかし、こまめに先生に質問に行ったり積極的に中国語で会話をすることで、3ヶ月後には中国語で買い物が楽しめるほどの語学力が身についたそうです。聴講していた知立高校のみなさんはそんなガッツ溢れる彼女の勇姿に驚きを隠せない様子でした。


クラスメイトとの集合写真


旅行中の写真。アオハルですね。


オープンキャンパスでお待ちしています!


SORA CAFEにて記念撮影


今回の大学見学会では、アクティブラーニングの体験授業や在学生の体験談発表、キャンパスツアー、ランチ体験など、キャンパスライフをたっぷりと網羅できる内容となりました。
本学のオープンキャンパスでは、よりキャンパスライフを網羅できるプログラムをご用意しています。在学生と気軽に交流できる点も本学のオープンキャンパスの特長です。6月16日(日)開催のオープンキャンパスでは、交換留学生やGlobal BBAの学生と英語で会話を楽しむことのできるプログラムがあります。
あなたも名古屋商科大学オープンキャンパスで異文化交流体験をしてみませんか?