キャンパス

Campus

名古屋キャンパス

Nagoya Campus

  1. TOP
  2. キャンパス
  3. 名古屋キャンパス
  4. 学生の声
  5. ビジネス経験豊富な先生の授業はリアリティがあります!

ビジネス経験豊富な先生の授業はリアリティがあります!

#アクティブラーニング #名古屋キャンパス #BBA #インタビュー

商学部マーケティング学科 1年
安井さん
愛知県立一宮興道高等学校出身


安井さんは2019年3月に愛知県立一宮興道高等学校を卒業し、同年4月に入学。名古屋キャンパスの4期生として商学部マーケティング学科に所属しています。

名古屋キャンパスに入学しアクティブラーニングの授業を受け、自分の知識が増えていることを実感していますと安井さんは話してくれました。


名古屋商科大学の名古屋キャンパスに進学しようと思ったきっかけや理由は?


私が名古屋商科大学の名古屋キャンパスを選んだ理由は、高校の先生に面倒見のいい大学と教えていただき下記の3点に魅力を感じたからです。

・全ての授業でアクティブラーニングを取り入れているところ
多様な留学制度があるところ
実務経験のある教授が多いところ 

今まで座学ばかりの授業で学んできた私にとってアクティブラーニングの授業はとても新鮮でした。
また、自分の意見を持ったり主張したりすることが苦手なため自分を変えられるきっかけになるのではないかと思ったからです。

あと通学することを考えたとき、名古屋駅から近いという立地の良さも大学選びの決め手になりました。


名古屋キャンパスのアクティブラーニングの授業を受けてどのように感じていますか?


高校までの授業とは違いリアリティのあることが学べていると感じています。
ビジネス経験が豊富な先生から実際のビジネスの現場のことや現在の社会のことを学んでいるので言葉に重みがあり説得力があります。

正直まだ自分に知識が足りていないのとパソコンに慣れていないため、毎日予習をしてレポート作成することは想像以上に大変だと感じています。
しかし、予習が大変だからこそ知識が自分のものになり自信を持って自分の意見を発表することができると感じています。


授業中の安井さんの様子

授業中の安井さんの様子


高校生の時と比べ、大学生の自分が成長したと感じることはありますか?


高校生の時と比べ、物事を論理的に考え理解を深めることができるようになりました。

伊藤武彦先生の「ロジカルシンキング」の授業のおかげで、物事に対してなぜ?どうして?という疑問を持って向き合うようになりました。

先生の熱意やクラスの仲間の真摯さを受け自分も負けていられないと思うようになり、高校生の時よりも授業へ取り組む姿勢が前のめりになりました。

また、授業中のグループワークではクラスの仲間の意見に刺激を受け自分にはなかった意見を得ることができています。いまは、とにかく手を挙げて発言することを目標に授業に参加しています。


大学生活での目標について教えてください


資格対策講座で簿記について学んでいるため、まずは簿記の資格を取得することが目標です。

そして、1年生の夏休みは国内インターンシップに行くので少しずつ働くことについても考えていきたいです。

また、私はずっと海外に留学したいという想いがあるので、国際ボランティア語学留学に参加し英語力を身につけていきたいと思っています。



予習は大変だけれど、毎日が新鮮で学ぶことが楽しいと笑顔で話してくれた安井さん。
少しでもレポートを早く作成できるようにするため、パソコンのタイピング練習も頑張っているようです。

安井さんはビジネスを体系的に学ぶアクティブラーニング中心の名古屋キャンパス(BBA)で学んでいます


取材:2019年5月