大学案内

About

名商大コラム

NUCB Blogs

  1. TOP
  2. 大学案内
  3. 名商大コラム
  4. タンス預金100兆円の重み

タンス預金100兆円の重み

#タンス預金 #経済学部

100兆円の重み

自宅で現金を保管することを「タンス預金」と呼ぶのですが、国内のタンスに眠っている100兆円の重みについて考えてみたいと思います。そうです経済的な価値ではなく質量のほうです(笑)

日銀によると1億円(1万円札が1万枚)の重さは約10kg。1万円札1枚が約1gなのです。すると1兆円は10kg x 10,000 = 100,000kg なので100トン。100兆円はさらにその100倍で10,000トンですね。この重みを身近なもので例えると、車1台が約1トンなので車1万台分。想像できませんね。ガンダム(RX-78-2)はフル装備で60トンなので167体分(謎)。飛行機がボーイング777(B777-300ER)で350トンなので29機分、微妙すぎました?

新幹線(16編成)の総重量が700トンなので10,000/700トンで14車列分で、みんな大好きスペースシャトルは1機2,000トンでシャトル5機分(汗)。最後に東京タワーが約4,000トンらしいのでタワー2.5本分に相当します。ちなみに、近年では家にタンスがないケースが多いと思うのですが、一体どこに100兆円もの現金が保管されているのか気になりませんか?冷蔵庫?畳の下?私が大学生の時はベットの裏側でしたね。