キャンパス

Campus

名古屋キャンパス

Nagoya Campus

  1. TOP
  2. キャンパス
  3. 名古屋キャンパス
  4. お知らせ
  5. 3年生からの「ケースライティング」いよいよ始動

3年生からの「ケースライティング」いよいよ始動

#BBA #ケースライティング #ケース #オリエンテーション #セミナー

名古屋キャンパスの2年生を対象に、卒業課題である「ケースライティング」についてのオリエンテーションが行われました。
「ケースライティング」はBBAの実践型の卒業課題です。学生たちは自身が関心を持った企業を取り上げ、企業分析・研究を行います。そしてその企業の経営課題を見つけ出し、論理立てて解決策を提示します。一般的な卒業論文とは異なり、客観的な視点から作成されるケースライティングはBBAの学びの集大成です。

名古屋キャンパスの学生たちは3年次よりセミナーに所属し、担当教授からケースライティング執筆の指導を受けて取り組んでいきます。


今回のオリエンテーションは


今回のオリエンテーションはケースライティングの説明と学生たちが自身の所属するセミナーを決めるために実施されました。
最初に、商学部長である小野裕二教授よりケースライティングの概要をお話しいただき、その後、各セミナー担当教授の紹介とそれぞれの教授からセミナーの特徴をお話しいただきました。

2人組みの「バディ制度」を取り入れてケースの作成に取り組み、学生の自主性を重視するセミナーや、統計分析・財務分析など専門知識を徹底的に演習できるセミナー、まちづくりや他大学との共同研究が盛んなセミナーなど…学生たちはそれぞれのセミナーの特徴に真剣に耳を傾けていました。

また、今回のケースオリエンテーションでは4年生の先輩も参加し、実際に作成したケースの発表資料も紹介されました。社会人が作成するようなクオリティの高いケースに、2年生たちは圧倒されていた様子でした。

ケースライティングで身につく力

ケースライティングは、多面的に情報収集をして企業分析を行いますが、ただの「企業紹介」とは全く異なります。
対象とする企業の課題を発見し、その課題に「自分ならどう立ち向かうか」を組織のリーダーの視点で考えることにより、リーダーシップが育成されることが大きな特徴です。
また、ケースライティングで企業分析の手法を磨くことで、就職活動の企業分析に役立てることができます。

この卒業課題を通して学生たちが大きく成長していくことを期待しています。