キャンパス

Campus

名古屋キャンパス

Nagoya Campus

  1. TOP
  2. キャンパス
  3. 名古屋キャンパス
  4. 学生の声
  5. これからの大学生活が楽しみです

これからの大学生活が楽しみです

#アクティブラーニング #名古屋キャンパス #BBA #インタビュー #海外プログラム

経営学部経営学科1年 進士さん
静岡県立下田高等学校 出身

進士さんは2020年3月に静岡県立下田高等学校を卒業し、同年4月に入学。名古屋キャンパスの5期生として経営学部経営学科に所属しています。

名古屋キャンパスに入学した理由から今後の大学生活で挑戦したいことまで熱く語ってくれました。



名古屋キャンパスを選んだ理由を教えてください。

他に受かっていた大学もありましたが、奨学金をもらえる学生寮に受かったことが名商大への入学のきっかけになりました。そして、その中で名古屋キャンパスを選んだ理由は、“1〜4年生までの全ての授業が100%アクティブラーニング”という特徴のあるカリキュラムがあったからです。大学に進学する人は毎年何十万人もいます。その中で自分を差別化するためには、普通の大学に入学しても意味がないと僕は考えています。卒業時にどれだけまわりの大学生と差をつけることができるか?どうしたら自分の価値を上げられるか?という視点から、名古屋キャンパスへ入学することに決めました。

実際にアクティブラーニングの授業を受けた感想を教えてください。

他大学の話を聞くと、ただ動画をみるだけとか、休校になって授業自体が行われていないという学校が多いようです。そんな状況下で通常の授業ではないにしても、オンライン授業を受けることができる点はありがたいと思っています。実際の授業では、他の人の意見を聞けることに楽しさを感じています。高校までは小さいころからずっと一緒にいる仲間たちと過ごしてきたので、話をしなくても相手がなにを考えているかがなんとなくわかる環境にいました。しかし大学では、様々な入試方法で入学していて、さらに出身地域も違う仲間も多く、授業を通じていろいろな人の意見に耳を傾けることで新たな発見があるということがとても面白いです。

今後の大学生活で挑戦したいことはなんですか?


まずは、海外に行ってみたいと考えています。一度も海外に行ったことがないので、名古屋商科大学の豊富な国際交流プログラムを利用し、日本ではできないことを経験したいです。
そして、大学生活では自分のやりたいことに挑戦していきたいと思っています。僕はもともと情報発信をしてお金を稼ぎたいという思いがあり、今その勉強をしています。名古屋キャンパスのいいところは、自由に使える時間が多いという点です。1年生の授業は午前中の2コマのみです。それ以外は全て自由時間です。もちろんその時間に予習などの授業の準備も行なっていますが、文章の書き方を勉強したり、知識を習得するなど情報発信のための勉強をしています。また、実務家教員が多いという点も名古屋キャンパスの特徴のひとつです。実際にビジネスの現場で活躍した方の話を聞くことができる機会はなかなかないと思います。学生の特権を活かして、いろいろな先生からたくさんの学びを得たいです。そして、授業で学んだことを自分のやりたいこと(実践)に落とし込める部分も楽しいですね。あとは、個性豊かな学生が多いと感じています。入学したばかりですが、仲間たちと「学生同士でチームを作ってなにかやりたいね」なんて話しているところなんです。
僕にとって名古屋キャンパスは学業に全力で取り組め、自分のやりたいことにも本気で取り組むことができる環境です。そんな環境なので、これからの4年間は充実した大学生活を送ることができる予感しかないです。


受験生に向けてメッセージをお願いします

僕みたいに他の大学生と差をつけたいという思いを抱いていたり、自分のやりたいことが明確にある受験生はぜひ名古屋キャンパスを目指してください!充実した4年間が待っていますよ。

進士さんはビジネスを体系的に学ぶアクティブラーニング中心の名古屋キャンパス(BBA)で学んでいます

取材:2020年4月