キャンパス

Campus

名古屋キャンパス

Nagoya Campus

  1. TOP
  2. キャンパス
  3. 名古屋キャンパス
  4. 学生の声
  5. 多様な価値観に触れ、人を輝かす人になりたいです

多様な価値観に触れ、人を輝かす人になりたいです

#アクティブラーニング #名古屋キャンパス #BBA #インタビュー

商学部マーケティング学科1年 遠山さん
岐阜県立恵那高等学校 出身

遠山さんは2020年3月に岐阜県立恵那高等学校を卒業し、同年4月に入学。名古屋キャンパスの5期生として商学部マーケティング学科に所属しています。

名古屋キャンパスを志望した理由やなりたい自分になるためにどんな大学生活を送りたいのかということなどを気さくに話してくれました。


名古屋商科大学を志望した理由を教えてください。


僕が名古屋商科大学を目指すきっかけは高校で行われたアクティブラーニングの出張授業を受講したことです。高校までの座学とは異なり、アクティブラーニングの授業では積極的に発言することを求められます。自分や学生たちの発言で授業が進んでいくことが新鮮でした。また、他の人の意見を聞いて「そんな考え方もあるんだ!」といった気付きがあることも楽しくて、授業中に寝ている暇なんてありませんでした。それがきっかけで名商大のことを調べ、国際交流プログラムに力を入れていることもわかり、さらに志望度が高まりました。

実際にアクティブラーニングの授業を受けた感想を教えてください。

新型コロナウイルスの影響で、僕たちはずっとオンライン上で授業を受講しています。オンライン上だと他の学生の視線がなく気軽に意見が言えるので、あがり症の僕にとっては新学期のスタートがオンライン授業でとてもよかったと感じています。でも名古屋キャンパスの学生は全員が手を上げて発言しようという雰囲気があるので、対面の授業になったとしても挙手できるのではないかとも思っています。
そして、授業のスタートと同時に予習も始まりました。初めの頃は予習の内容というより、パソコン操作に結構苦戦しましたね。でも、他の学生とSNSなどで繋がっているので、パソコンに詳しい子が操作方法を教えてくれたりして…だいぶ慣れてきました。名古屋キャンパスの予習は大変だと聞いていましたが、実際に予習をする側になってみて思うことは、予習は楽しいとういことです。中学校や高校の授業はやらされている感がありましたが、今は自分の知りたいという好奇心で勉強に取り組めるので、趣味の様に予習を楽しんでいます。

パソコンを使用した予習…
本学では1985年よりパソコンの無償譲渡制度を実施しており、今年度で35年を迎えました。今年の新入生には「MacBook Air 13inch」を無償譲渡しています。本学のパソコン無償譲渡制度の詳細はこちらから。

今後の大学生活で挑戦したいことはなんですか?

大学生活を通して、多くの人と関わりたいと思っています。名古屋キャンパスは少人数制のキャンパスなので、先輩たちと交流するためにもサークルに入りたいと考えています。また、名商大は国際系の学部もあるので、外国人との交流を通して友達の輪を広げ、多様な価値観に触れていきたいです。
そして、多様な視点から物事を捉えられる人になるためにも様々な資格を取得しようと考えています。例えば、簿記の資格を取ることで、経理という観点から会社のことを見ることができるようになりますよね。僕は会社の経営状況を判断することができる社会人になりたいので、簿記や経営コンサルタントの資格を取得したいです。そして、社長をサポートする万能な右腕になりたいと思っています。目立たないけど必要とされる人。自分が輝くだけでなく、他人を輝かす人になりたいという今の思いを胸に、これからの学生生活で様々なことにチャレンジし、視野を広げたいです。

遠山さんはビジネスを体系的に学ぶアクティブラーニング中心の名古屋キャンパス(BBA)で学んでいます

取材:2020年4月