キャンパス

Campus

名古屋キャンパス

Nagoya Campus

  1. TOP
  2. キャンパス
  3. 名古屋キャンパス
  4. 学生の声
  5. 入学後約1ヶ月、充実した学生生活を送っています

入学後約1ヶ月、充実した学生生活を送っています

商学部マーケティング学科1年 白石さん
三重県立川越高等学校 出身

白石さんは2020年3月に三重県立川越高等学校を卒業し、同年4月に入学。名古屋キャンパスの5期生として商学部マーケティング学科に所属しています。

名古屋キャンパスに入学した理由や大学生活で挑戦したいこと、授業を通じて感じたことなどを明るく話してくれました。


名古屋商科大学に入学した理由を教えてください。


私が名古屋商科大学に入学を決めた理由は、豊富な国際交流プログラムに魅力を感じたからです。語学留学だけでなく、海外へのボランティア活動やインターンシップ、ヨーロッパ一人旅など魅力的なプログラムがたくさんあり、絶対に参加したいと思っています。
そして名古屋商科大学のなかでも名古屋キャンパスを選んだ理由は、アクティブラーニングの授業スタイルに惹かれたからです。進学相談会で授業を体験してみて、とても楽しそうだと思ったんです。また、私は周りの環境に流されやすいタイプなので、学習ができる環境に身を置きたいと考えていたことも名古屋キャンパスを選んだ理由のひとつです。名古屋キャンパスでは予習が必須なので学び続ける環境が整っていますし、そんな大学を目指して入学する学生たちは好奇心旺盛な知識欲のある人ばかりなのではないかと思っていました。

進学相談会とは…
高校生や保護者、教員の方向けの本学の大学説明会です。アクティブラーニングの体験授業や在学生体験談などを通して本学の特徴や魅力をお伝えしています。
イベント詳細はこちらから

実際にアクティブラーニングの授業を受けた感想を教えてください。


アクティブラーニングの授業は学習への関心意欲を高めてくれていると感じています。授業の初日から周りのみんながオンライン上で積極的に手を挙げているのを見て、「自分も頑張ろう」と意識を高めることができました。また、みんなの意見を聞くことで、予習のときには思いつかなかった新しい考えが思い浮かび、より広い視野で物事を考えられるようになっています。現在はオンラインでの授業ですが、パソコンの画面上に1年生全員の顔が表示されるので教室で顔を合わせて授業をやっているように感じます。しかし、発言をするときにみんなの視線を気にしなくてよいため、挙手・発言をすることに対するハードルは通常の授業より低くなっているのではないかと思います。その点においては、オンライン授業で新学期がスタートしてよかったです。
そして、私が授業で工夫していることは、肯定的な雰囲気を出すように発言をしているという点です。自分とは異なる意見に対して発言するときは、「そういった捉え方もあると思います」といったように一旦その意見を受け入れるんです。その後に反対の意見を主張しています。雰囲気をよくすることで、多くの学生から様々な意見が出しやすい環境を作れるのではないかと思っています。
また、予習については授業が始まったばかりということもあり、入学前に想像していたよりも難しくなかったです。先生たちも、私たちが慣れるまでは…とハードルを低くしてくださっていますし、提出したレポートにアドバイスをくださいます。

今後の大学生活で挑戦したいことはなんですか?

大学では高校と違い、まとまった長い休みがあります。その時間を利用してたくさん海外へ行き、いろいろな経験をしていきたいです。まずは、海外ギャップイヤー留学に参加し、ドイツやイタリアでヴィーガン・ベジタリアンについて研究したいです。
そして、外出ができない今だからこそ、簿記の資格取得のために大学の資格対策講座に参加します。そういった資格取得の勉強や、毎日の授業、都度の課題提出など…とても充実した生活を送ることができていると実感しています。

受験生に向けてメッセージをお願いします

名古屋キャンパスは学生同士で刺激しあって、お互いを高め合える素晴らしいキャンパスです。他の大学にはない魅力がたくさんあるので、皆さんの入学を楽しみにしています!

白石さんはビジネスを体系的に学ぶアクティブラーニング中心の名古屋キャンパス(BBA)で学んでいます

取材:2020年4月