キャンパス

Campus

学園祭

Festival

  1. TOP
  2. キャンパス
  3. 学園祭
  4. 開催レポート
  5. 学園祭ニュース┃第67回三ヶ峯祭まで1ヶ月を切り正門前に大看板が設置されました。

学園祭ニュース┃第67回三ヶ峯祭まで1ヶ月を切り正門前に大看板が設置されました。

#三ヶ峯祭 #大学行事 #学園祭

伝統とその先へ

学生最大の行事「三ヶ峯祭&後夜祭」が10月19日(土)と20日(日)の2日間にわたり開催されます。
秋学期の授業もスタートし、学園祭実行委員会の活動も活発になり、セミナーやクラブ・サークルに対する模擬店説明会も行われるなど、日進/長久手キャンパスは少しずつ学園祭モードになっています。
今年の三ヶ峯祭テーマは「New story, New world」、後夜祭テーマは「Puzzle 〜Fill in the piece〜」に決まりました。
このテーマのもと、昨年以上の学園祭を目指して実行委員は日々活動に取り組んでいます。
是非、ご家族やお友達をお誘い合わせの上、ご来場いただき、学園祭を楽しんでください。

第67回三ヶ峯祭テーマ「New story, New world」

このテーマは、三ヶ峯祭実行委員会の2つの思いを込めています。
1つは「New story」です。平成から令和に新たな元号が始まったこの年に、私たち名古屋商科大学の学生も様々なことに挑戦して自分の可能性を広げていきたい、「New story」にはそんな学生の思いが込められています。名古屋商科大学の学生は、建学の精神「フロンテイアスピリット」のもと日々勉学に励んでいます。新しい時代の始まりに、名古屋商科大学の学生全員が、建学の精神を体現化するために挑戦し、才能を開花して欲しいという学園祭実行委員の強い願いを込めています。
2つは「New world」です。新しい時代の到来に我が国はさらなるグローバル化の波が押し寄せ、私たち学生が進む社会にも大きな変化が現れてくることが予測されます。名古屋商科大学はこれまでに海外で活躍できるビジネスパーソンの育成に力を注いできた大学です。今、このキャンパスで学ぶ私たち学生が、グローバル化の進む新しい世界に通用した人材になって欲しいという願いを込めています。
2日間という限られた時間ではありますが、名古屋商科大学の学生はもちろん、大勢の皆様が三ヶ峯祭にご参加いただき、テーマ「New story, New world」に込めた私たちの思いをご理解いただき、この三ヶ峯祭が新しい時代の始まりに皆様の新しい世界への「道しるべ」の1つとなることを三ヶ峯祭実行委員会一同、心から願っています。

第30回後夜祭テーマ「Puzzle 〜Fill in the piece〜」

このテーマには、名古屋商科大学の学生と教職員、後夜祭にご来場の皆様、そして後夜祭実行委員会のそれぞれ違う人間が一つのpieceとなり、つながり合うことで、後夜祭という大きなパズルを完成させたいという思いが込められています。
後夜祭実行委員会は、テーマ「Puzzle 〜Fill in the piece〜」のもと後夜祭という一瞬に一人でも多くの皆様が参加し、名古屋商科大学の活性化を実現させるという後夜祭本来の目的を達成するために、実行委員一人ひとりが日々活動に励んでいます。
三ヶ峯祭最後の夜という限られた時間ではありますが、名古屋商科大学の学生はもちろん、大勢の皆様が後夜祭にご参加いただき、テーマ「Puzzle 〜Fill in the piece〜」に込めた私たちの思いをご理解いただき、ご参加いただいた皆様全てが繋がることができる「後夜祭」となることを後夜祭実行委員会一同、心から願っています。