キャンパス

Campus

名古屋キャンパス

Nagoya Campus

  1. TOP
  2. キャンパス
  3. 名古屋キャンパス
  4. お知らせ
  5. 名古屋キャンパスBBAの教育プログラム<2>

名古屋キャンパスBBAの教育プログラム<2>

#BBA #Bachelor #of #Business #Administration #意味 #価値 #NUCB

BBA - Bachelor of Business Administration - って何?

BBAと聞いて何を思い浮かべますか?ネット用語ではありませんよ。BBAとは、Bachelor of Business Administrationの略です。和訳をするとBusiness Administrationは経営学、Bachelorは学士を意味します。つまり経営学士ということです。これは、大学を卒業時に取得できる学位のことです。このBBA(学士課程)は経営学に関する実践的な教育課程を指し、世界中の企業から人気があります。なぜBBAが世界中の企業から人気があるのかを名古屋キャンパスのBBA教育プログラムで解説していきます。

<自分で考え判断し表現する力が身につく参加型授業>


2019年の4月から名古屋キャンパスにて本格始動したBBA。BBAの教育課程は単なる経営学部としての学修とは異なり、実践的なマネジメント教育を行うビジネススクールの色彩が強くなります。マネジメントに関する意思決定やコミュニケーション能力を研究課題を通じて修得するBBA。BBA教育プログラムでは、主体性を身につけることができる参加型授業のアクティブラーニングの学修が重要となってきます。参加型授業のアクティブラーニングでは、あらゆる問題に直面した時に解決することのできる表現力、思考力、判断力を養うことができます。この参加型授業の学修学方法はハーバード・ビジネススクールをはじめ世界中のビジネススクールで採用されています。



学生はケースと呼ばれる実際に起こった出来事を教材に、登場する主人公が抱える現実のビジネス上の課題と向き合います。そして、どう対応すべきかを主人公の立場で考え自分の意見をクラスの中で発言します。参加型授業では参加者である学生が多種多様な意見を交わし授業を創り上げます。そのため自分の意見を発言することで表現力を身につけます。そして、他者の意見を聞くことで自分の考えを客観的に見直す思考力を養います。さらに教員によるレクチャーで見解を深め、課題に対する判断力を育みます。


つまり、BBAが世界の企業から人気のある理由として参加型授業で表現力、思考力、判断力を身につけ、学生のうちから社会人として必要な課題発見力、意思決定力が備わっていることが挙げられます。

名古屋キャンパスのBBA教育プログラムの関連記事はこちら
<インターンシップでの実務体験><ビジネス経験豊富な教授による実践的な授業>