キャンパス

Campus

名古屋キャンパス

Nagoya Campus

  1. TOP
  2. キャンパス
  3. 名古屋キャンパス
  4. 学生の声
  5. 知多半島のスタンプラリー事業に携わっています

知多半島のスタンプラリー事業に携わっています

#アクティブラーニング #名古屋キャンパス #インタビュー #地域連携活動

名古屋商科大学

商学部会計ファイナンス学科 4年 夛田さん
三重県立亀山高等学校出身


夛田さんは2016年3月に三重県立亀山高等学校を卒業し、同年4月に入学。名古屋キャンパスの1期生として商学部会計ファイナンス学科に所属しています。現在、アルバイトで知多半島スタンプラリー「ちたんぷ」事業に携わっています。


アルバイト先のランドブレイン株式会社で知多半島スタンプラリー「ちたんぷ」事業に携わっている夛田さん。自分が発信したことに対して反応をいただけることが嬉しいですと話してくれました。
また夛田さんはアルバイトを通じて、社会人に必要な「情報を処理する力」「発信する力」が身についたそうです。


知多半島スタンプラリー「ちたんぷ」とは?

知多半島+スタンプラリー=「ちたんぷ」
観光名所や公共施設、地域で愛される店舗など知多半島の魅力あるスポットを巡るスタンプラリー。
スマートフォン用アプリの位置情報を使いだれでも、いつでも、どこからでも、自由に参加が可能なスタンプラリーを楽しめる登録・参加ともに無料のサービス。
https://chitamp.com/

知多半島スタンプラリー「ちたんぷ」に携わることになったきっかけは何ですか?


最初のきっかけはインターンシップに参加したことだと思います。
大学2年生の夏休みに自主的に参加したインターンシップでランドブレイン株式会社にお世話になりました。その時、知多半島スタンプラリー「ちたんぷ」を立ち上げる際の情報収集や、施設を巡るプランのアイデアの提案に携わらせてもらう機会があり9日間のインターンシップで知多半島の様々な魅力を発見しました。
そして、3年生になり授業の課題で地域活性化ができるビジネスに私はインターンシップで学んだことを取り入れ「知多めぐり」を提案しました。
この知多めぐりの提案については、愛知県主催の「あいち学生観光まちづくりアワード」に応募し優秀賞をいただくことができました。
その時のインタビュー記事はこちら「あいち学生観光まちづくりアワード優秀賞を名古屋キャンパス夛田さんが受賞」
その後、私の実家がある鈴鹿市のお仕事がありそれがきっかけでランドブレイン株式会社からアルバイトしない?と連絡をいただきました。
その際、インターンシップで関わった社員さんがこのインタビュー記事を見てくださっていたこともあり「ちたんぷ」事業に携わることになりました。


アルバイトではどのようなことを行っていますか?


ガイドを発送する準備風景

ガイドを発送する準備

アルバイトでやらせていただいく主な内容は
・知多半島内の店舗、イベントの情報収集
・SNSの発信
・ちたんぷに新しく参加してくださる施設の登録 
・各施設ごとの来訪者を集計、ユーザーの傾向をまとめる
・スタンプラリー景品の発送
・ガイドブックの発送
・観光イベントの参加 です。
適宜社員さんに指示をいただきながら、臨機応変にお仕事をこなしています。


また、常に同じ業務をするのではなく季節やイベントに合わせて活動するので自分で考えて動くことができやりがいを感じています。
また、集めた情報やユーザーの動向を見て、SNSで発信する内容を工夫し似たような内容にならないようにしています。


アルバイトをして学んだことを教えてください。


インターンシップで携わっていた時より知多半島の魅力を感じることができ、大好きな知多半島に関われることを嬉しく思っています。そして、アルバイトを通して誰かに届く提案はどのようなものなのかを学ぶことができました。
SNSは顔が見えない相手に伝えるため、最初はどうすれば良いか悩みました。
どのような記事なら
・「ちたんぷ」をダウンロードして楽しんでもらえるか
・登録してくれた施設、店舗の魅力を最大限出せるのか
・知多半島内外から興味を持って、実際に来ていただけるのか を考えて取り組んできました。
現在SNSの更新は出勤した時には必ずしているので、週2〜3本更新しています。
社員さんと協力して更新していますが、私が特に更新頻度が高いので、やるからにはより見てもらえる記事を書きたいと思うようになりました。
施設の情報や、ユーザーの利用傾向を整理した際の情報を生かしたり、ハッシュタグの活用や最寄り駅名を載せたりと工夫した結果、初めて投稿した時は50件ほどのいいね数だったものが、現在は120件前後のいいねがつくようになりました。自分が発信したことに対して反応があることを嬉しく思っています。


名古屋キャンパスのアクティブラーニングの授業と広報サークルの活動を通して自分の意見を言える力を身につけたと話してくれた夛田さん。
一番行きたいと思える会社から内定をいただき、そこではアルバイトやサークル活動で得た力を活かせるチャンスや環境があり、自分が魅力に感じた会社の魅力をこれからは伝えていきたいと話してくれました。

夛田さんはビジネスを体系的に学ぶアクティブラーニング中心の名古屋キャンパス(BBA)で学んでいます


取材:2019年6月