キャンパス

Campus

名古屋キャンパス

Nagoya Campus

  1. TOP
  2. キャンパス
  3. 名古屋キャンパス
  4. 学生の声
  5. フットサルサークル《Rendezvous》をご紹介

フットサルサークル《Rendezvous》をご紹介

#アクティブラーニング #名古屋キャンパス #BBA #インタビュー #フットサルサークル

名古屋キャンパスで初となるフットサルサークル「Rendezvous」(ランデブー)を立ち上げた、2年次の野原さん(写真1枚目の前列右から5番目)と1年次の中嶋さん(写真1枚目の前列右から6番目)。お二人に立ち上げまでの経緯やフットサルサークルの活動内容、その魅力について語っていただきました。


フットサルサークルを立ち上げたきっかけ


フットサルサークル活動メンバー

私たちはフットサルサークル「Rendezvous」以外にも広報サークルにも所属しており、先輩後輩として普段から仲良くしていました。お互いにサッカーが好きで、地元の小中学校のサッカーの指導者も行っていました。この経験を糧に、名古屋キャンパスには運動系のサークルが少なかったことから、自分たちでフットサルサークルを立ち上げてみようと挑戦することにしました。「せっかくやるなら名古屋キャンパスの自分たちにしかできないフットサルサークルを作ろう。」と考え、他大学や社会人を巻き込むサークルにしたいという目標を立てました。名古屋キャンパスは名古屋の中心に位置します。「都心過ぎて場所がない」という弱みを、「都心だから様々な人と関わることができる」という強みに変えました。また、この大学の最大の武器であるアクティブラーニングの授業で培ったコミュニケーション能力を使って、他大学や社会人たちと交流して自分たちの輪を広げることをしました。お互いに支え合ったからこそフットサルサークルの立ち上げに成功し、いま有意義な活動ができています。賛同し協力してくださった先輩や仲間にも感謝しています。

様々な人と関われる場所

Rendezvousは様々な人々と関係性を築くことができる点が最大の魅力です。1学年の人数が約80人程度の名古屋キャンパスでは、大学内の人間で関われる人数が限られてしまいます。しかしRendezvousに来れば、他学年はもちろん、他大学や社会人の方とも関係を築くことができ、コミュニティを広げることができます。また、全員が「楽しんで参加する」という共通認識や目的を持っているため、部活動とはまた違った醍醐味もあります。

充実し成長し合える空間

部員は和気藹々とした雰囲気の中で活動をしています。チーム表を元に、名前を覚え呼びやすくすることでプレーヤー同士のコミュニケーションを活発化させています。Rendezvousでは、初対面同士であっても皆が積極的に会話を楽しみ、ゲームを通して協調性も養えます。その結果コミュニケーション能力が確実に向上したと思います。また、共にサークルを立ち上げた経験から、組織をマネジメントするという点を成長できました。立ち上げから現在まで、どのような工夫をすれば部員数を増やせるか、そして部員のモチベーションを保つことができるかなど試行錯誤してきました。ただフットサルをするだけでなく、ゴール懸賞金チャレンジや女性の1ゴール3得点制度を設け、プレー動画を編集してSNSにアップするなど活動に付加価値をつけたことが、部員の増加、モチベーション維持に繋がっていると確信しています。組織を動かしていくことの難しさと、それらを経てマネジメント力を修得でき充実した活動ができています。

最後に

Rendezvousは、名古屋キャンパスで唯一の運動系サークルです。全国でも数少ない他大学、社会人と交われるサークルです。「普段は関わりのない人たち同士の出会いの場、待ち合わせ場所(Rendezvous)にしたい」という理念を持って活動しています。興味がある方、参加してみたい方はぜひ体験しに来てみてください。


サークルについて詳しく見る

取材:2021年7月