学部学科

Academic Programs

商学部

BSc in Commerce

  1. TOP
  2. 学部学科
  3. 商学部
  4. お知らせ
  5. 《授業レポート》アクティブラーニングで学ぶ山田昌孝先生の「マーケティング論 2」

《授業レポート》アクティブラーニングで学ぶ山田昌孝先生の「マーケティング論 2」

日常生活から考えるマーケティング


山田昌孝先生の「マーケティング論 2」の授業では、消費者のニーズや市場環境、競争環境の変化などに適切に対応し、製品やサービスを開発・提供するマーケティングの概念の習得を目指します。毎回ケースを用いて、企業が受ける環境変化からの影響や、日本の商人/起業家の精神を学ぶことができます。
この日のケースは「かまぼことちくわ」。トップシェア全国展開する"紀文"と地域に根ざした"ヤマサ"との比較、各企業の競争地位や販売戦略について、また、学生の生活と練り製品との距離感など、与えられた議題について議論を進めました。
グループディスカッション(1グループ10名、制限時間50分)では、議長と書記を決め、オンライン上のホワイトボードに意見を書き出し、時間内に考えをまとめていきます。途中、先生も各グループに参加することで、より一層討議が活発になりました。
その後のクラスディスカッションでは、各グループでの話し合いをもとに、挙手をした学生が順に発表。先生とクラス全体でさらに考察を深めます。
顧客ニーズを探る市場調査やデータ分析の必要性、出身地や家族構成など個々の環境がもたらす影響についても理解し、いかに各企業が戦略立案し実行していくか、ヒット商品を生み出すべく学生マーケターがマーケティング戦略を考えます。


フロンティアを走っている意識をもつ


全国に先駆けてスタートした本学のオンライン授業。この貴重な経験から何を得て、どう活かすか。
今後このオンライン授業のシステムが急速に普及する中、時代が変革するフロンティアを走っている意識をもってほしい。また、常にさまざまな視点から変化に対応する力を身につけること、そこから次代のマーケティング戦略を練ることの重要性を認識してほしい。
オンライン授業を通じ、山田先生からこれからの時代のリーダーを担っていく学生たちへ向けて熱いメッセージも伝えられました。