学部学科

Academic Programs

国際学部 英語学科

BA in International Studies

  1. TOP
  2. 学部学科
  3. 国際学部
  4. 英米学科
  5. 就職内定者の声
  6. 人気ホテル事業を展開する星野リゾートに内定

人気ホテル事業を展開する星野リゾートに内定

国際学部英語学科4年の福地さんは、マスメディアでも幾度となく取り上げられ、人気ホテル事業を数多く手がける星野リゾートから見事内定を獲得しました。大学の留学プログラムにも積極的に参加し、第一志望の企業へと就職する福地さんに、就職活動への思いや今後の展望についてお話を伺いました。

就職内定先:株式会社星野リゾート

長期インターンシップで経験した憧れのフロント業務


国際学部英語学科 福地さん

国際学部英語学科 福地さん

就職活動は最初からホテル業界を第一に考えていましたが理由は2つあります。1つ目は、フロントスタッフに憧れを感じたからです。私自身旅行が好きで、リゾートホテルに宿泊した際のフロントスタッフが、お客様を1番に考えてテキパキ動いている姿を見て、私もこうなりたいと思ったからです。2つ目は、お客様一人一人の喜びにつながるようなサービスを提供したいと思ったからです。これまでのアルバイト経験から、お客様1人1人に温かいおもてなしを提供し、お客様に喜んでもらうことが自分のやりがいに繋がっていました。就活を迎え、さまざまな企業選択があった中で最終的に星野リゾートに就職を決めた理由は、給料や福利厚生、社風などに惹かれたのはもちろんですが、実際に長期インターンシップに参加して、マルチタスクでの働き方が自分に合っていると感じたからです。ホテル業界で、客室清掃、朝食、夕食、フロント業務の4つをマルチタスクで行う企業は少なく、この4つの業務をマルチタスクで行うことで、お客様と触れ合う時間が多くなることで自分の気づきが増え、働いていく中でどのようにしたらお客様に喜んでもらえるのかを常に考えて働くことができると感じたからです。

今後のキャリアの展望と、これから本学で学ぶ後輩たちへ

就職後は、マルチタスクで行われる各業務のリーダーポジションにつけるように頑張っていきたいと考えています。その後は、ただお客様を出迎えるサービスを提供するだけでなく、自分がこれから働く施設をもっと良くするにはどうしたらいいのかお客様目線で考え、マネジメントする仕事にも挑戦したいと考えています。そのために、星野リゾートの社内ビジネススクールなどを通して、さまざまな知識を取り入れ、自分のキャリアを広げていきたいと思います。これからこの大学で学ぶ方へお伝えしたいのは、自分はこういう人だと強く言える何かを持っておくことが大切だと思います。そのためには、何事も挑戦して経験を積む必要があります。名古屋商科大学には、部活動やサークル、留学制度や資格対策など大学生活を充実させる環境がたくさんあります。私自身、国内ボランティアやサマープログラムなどの経験は就活で役に立ちました。大学在学中にしかできないことはたくさんあると思うので、何事にも挑戦することで、自分の経験としてどこかで活きるはずだと思います。

取材時期:2023年7月